スポンサードサーチ

無料ブログはココログ

JASRACが今年も全国一斉法的措置を実施

日本音楽著作権協会(JASRAC)は6月7日、商業施設内でBGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいない187事業者・212店舗に対し、全国の簡易裁判所に民事調停を申し立てた と発表した。 全国一斉の法的措置は、2015年6月に続き2度目。 今回の案件のうち、132事業者・151施設が美容室だという。 ここ数年 美容室への法的措置が続いています。 国内で自由に使用できるのはテレビ放送、ラ...

» 続きを読む

飲食店経営者に懲役1年6ヵ月(JASRAC関係の過去の判例紹介)

2011年5月 著作権侵害を継続していた飲食店経営者に懲役1年6ヵ月(執行猶予3年)の有罪判決 jasracプレスリリースより カラオケ伴奏による歌唱無許諾利用者に対して全国初の懲役刑の有罪判決です。 たかがカラオケ・・・ とはいえない時代になったようですね。

» 続きを読む

JASRACの全国一斉法的措置が話題です

2015年6月9日 JASRAC(日本音楽著作権協会)が発表した 【全国の171事業者、258施設(美容室、理容店、アパレル店、飲食店他)に対し、民事調停を全国の簡易裁判所に申し立てました。】 という記事がニュースで大きく報道されました。 その他のニュース 店内BGM「有料」…JASRAC申し立て波紋 店舗などでBGMを使用する場合はJASRACと個別に契約するか、USENなど有線放送事業主を利用...

» 続きを読む

ダンススタジオから音楽著作権利用料金の徴収開始

JASRACが2015年4月よりダンススタジオなどから料金の徴収を行う と発表しました。 JASRACのページはこちら これまでも社交ダンス教室などからは料金の徴収を行っていましたが 今回はダンススタジオ、ダンスイベントなどから広く徴収するという事になったようです。 2011年度よりダンスが小中高校で必修科目化されたという事もあり、今後ダンス教室などの需要が大きくなるという事も大きく影響しているか...

» 続きを読む

楽器フェア2014が開催されます

楽器フェア2014が11月21日~23日 東京ビックサイトにて開催されます。 デモンストレーションライブなど知人や友人が何人か出演するらしいので 時間があれば行ってきたいと思います。 世界3大ピアノ スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタインに加え ヤマハ、カワイのピアノが試弾できるイベントなどもあるようです。 楽器フェアならではですね。 楽器は外国メーカーのもののほうが良いなんていうイメ...

» 続きを読む

YOUTUBE動画の埋め込み使用についての問題点

最近はYOUTUBEなどの動画投稿サイトでの企業CMや商品紹介での利用が一般的になってきました。 以前は独自にビデオ再生ツールなどをホームページ制作時に埋め込む必要があったのですが YOUTUBEへの動画投稿システムを使えば設置は非常に簡単です。 YOUTUBEなどの大手動画サイトはJASRACとの著作権包括契約をしており ビデオ内でのJASRAC管理楽曲を使っても投稿者は特別お金を支払う必要があ...

» 続きを読む

著作権保護期間が70年に延長される?

TPP交渉、著作権保護期間「70年」で合意へ というニュースが入ってきました。 多くの方が予想していたとおりに著作権の保護期間を現在の著作者の没後50年から70年にする という事が現実味をおびてきました。 著作権といっても音楽や小説、漫画から薬まで多分野に渡っているのですが 市場規模を考えると音楽についての著作権は扱いとしてかなり重要度が低いと考えられます。 とにかく現状では詳しい事は不明ですが ...

» 続きを読む

消費税増税に関するお知らせ

消費税が8%へ変更にあたりまして弊社のサービス料金、表示を下記とおりに変更いたしました。 ・音楽制作業務 サービス料金表示は税抜表記とさせていただきました。 ・著作権フリー音楽 販売業務 全品税込表示となります。金額は増税前の金額据え置きで販売いたします。 ・インターネット音楽配信業務 金額は税込表示となります。月額690円は変更ございません。 ・お店のBGM専門店 全品税込表示となります。金額は...

» 続きを読む

自炊代行業者への判決について

2013年9月30日 東京地裁で             書籍を機械で読み込んで電子書籍にするいわゆる「自炊」と呼ばれる作業を代行していた東京都内の2つの業者に対し、電子化の作業を禁止する判決が出ました。 各方面で話題となった裁判ですが「自炊代行の何がいけないのか?」「自分の本をデジタル化して作家や出版社に不利益は生じないだろ?」といった...

» 続きを読む

高速バス事故、その後の対応について思うこと

2012年4月、関越自動車道で乗客45人の方が死傷したの高速ツアーバス事故を受け、安全性の確保に重点を置いた「新高速乗り合いバス」制度が1日にスタートしました。 このニュースについて思うことがありますので少し書かせていただきます。 大きな事故が起きた事で問題が浮き彫りになった今回の改正ですが、こういった問題は別に原因があると思うのです。 ツアーバスという名目で実際には路線バスとしての運用という い...

» 続きを読む

«TPP参加でどう変わる?著作権について