スポンサードサーチ

無料ブログはココログ

« ビートルズの全アルバムのリマスター盤発売 | トップページ | 最近の著作権にまつわる話題 »

著作者人格権について

作曲や作詞の著作権は著作者人格権の中に含まれます。
じゃあ他の権利って何だ?というと
おふくろさん問題でもあったように
著作者の意思で使用用途などに規制がある場合 
これも著作者人格権。
音楽に限って例をあげると
作曲者が自分の作品はポルノ表現がある映像には使って欲しくないという意思を示している。
又は遺言状に記載されている。

こんな場合です。
ですからロックバンドが「俺たちの曲をロック以外のアレンジで演奏しては駄目だ」
と言えば尊重される事となります。
しかし法律では常識的な使用方法であれば良い という事になっているので
通常の演奏活動やBGM使用に対しては訴えが効かないかもしれません。

もっと厄介なのは どうやらこの著作者人格権には保護期間が存在しないらしいのです。
というよりは明確に他の著作権のように年数が書かれていません。

つまり遺言などでこれについて触れていた場合は本人の死後50年以上経過しても
有効となるのではないかという事です。

音楽ではあまりないですが宗教的、民族的な意味をもつデザインや絵画に関してはこういった問題が起こりえると感じました。

それにしても憲法で漢数字を使うのはいい加減終わりにして欲しいですよね。
非常ーーに読みにくい

http://www.centerlinerecord.jp

« ビートルズの全アルバムのリマスター盤発売 | トップページ | 最近の著作権にまつわる話題 »

音楽著作権について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1031473/31398983

この記事へのトラックバック一覧です: 著作者人格権について:

« ビートルズの全アルバムのリマスター盤発売 | トップページ | 最近の著作権にまつわる話題 »