スポンサードサーチ

無料ブログはココログ

« 音楽産業の現状を数字で見る | トップページ | 東京地裁 音楽ファイル不正アップローダーに約500万円の支払命令 »

YOUTUBEでの商用利用音楽

以前書いた記事ではYOUTUBE投稿動画へ使用するBGMの著作権について触れたのですが
最近問い合わせが非常に増えている件について今回は書きます。

最近のYOUTUBE動画の画面下に広告が表示される事をご存知でしょうか?
あれはバナー広告のようなシステムで動画投稿者が広告費利益を受けられるといったものです。
さあ いざ広告契約を結ぼうとするとYOUTUBE側の厳しい審査がはじまります。
やはり問題は著作権。
ビデオの中で他人の著作物を使用していないか?を気にしているのです。

単にビデオを投稿するだけならは投稿者は非営利ですが広告収入があるとなると営利使用になるのです。
という事は現在YOUTUBEが契約している著作権支払いの範囲外になってしまうのですね。

詳しくはわかりませんが
「ビデオに使われているBGMが商用利用可能という証明書を提示しろ」
と言ってくるそうです。

いやあ めんどくさいですが当たり前なんですね。
しかしネットで拾ってきた無料のものには証明書などありませんし
いくら著作権フリー音楽だと言ったところで証明できなければ契約は難しくなるでしょう。

そういった事もセンターラインレコードの著作権フリー音楽は安心です。
利用許諾書というものを発行していますし、実際に広告表示動画への審査をクリアーしている実績があります。
色々とわずらわしい手続き無く安心してお使い頂ける音楽素材をご用意しています。

http://著作権フリー音楽.com

Clrmusiclibrary

http://www.centerlinerecord.jp

« 音楽産業の現状を数字で見る | トップページ | 東京地裁 音楽ファイル不正アップローダーに約500万円の支払命令 »

音楽著作権について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽産業の現状を数字で見る | トップページ | 東京地裁 音楽ファイル不正アップローダーに約500万円の支払命令 »