スポンサードサーチ

無料ブログはココログ

« 著作権保護期間が70年に延長される? | トップページ | 楽器フェア2014が開催されます »

YOUTUBE動画の埋め込み使用についての問題点

最近はYOUTUBEなどの動画投稿サイトでの企業CMや商品紹介での利用が一般的になってきました。

以前は独自にビデオ再生ツールなどをホームページ制作時に埋め込む必要があったのですが
YOUTUBEへの動画投稿システムを使えば設置は非常に簡単です。

YOUTUBEなどの大手動画サイトはJASRACとの著作権包括契約をしており
ビデオ内でのJASRAC管理楽曲を使っても投稿者は特別お金を支払う必要がありません。

これは楽器演奏やライブ映像などを投稿する音楽関係のユーザーには非常にありがたいことです。
ただし、カバー曲などは基本的に広告が表示されます。

同じように企業のCMや商品紹介ビデオのBGMにJASRAC管理曲のカバーを使用する事も可能なのですが・・

ここでひとつ大きな問題があります。

例えば大好きな歌手のカラオケ(完コピ楽曲)を業者に頼んで作ってもらい自社のCM動画に使用してYOUTUBEへ投稿し公開することは問題ありません。
広告表示が出る事にはなりますが音声を削除されたり、権利者から削除依頼をされるような事は基本的にありません。

ではこの動画を自社ホームページに埋め込む場合はどうでしょうか?

この場合はJASRACとの個別契約が必要になります。

「YOUTUBEを使ってるんだから問題ないじゃないか?」

と思われる方も多いでしょうが
JASRACのホームページに正式に回答がのっていますので転載します。


動画投稿サイトのタグ貼り付け機能を利用について

YouTube、ニコニコ動画、Ustreamなど、JASRACと許諾契約を締結している動画投稿サイトにアップロードした動画を、いわゆるタグ貼付・埋込の方法で外部のサイトに貼付けて利用する場合は、別途、外部サイトの運営者において、許諾手続きが必要となります。

ただし、外部サイトが、個人が広告収入を得ずに運営するホームページ、ブログなどの場合は、動画投稿サイト側の許諾の範囲に含まれますので、許諾手続きは必要ありません。

各動画投稿サイトにおいて、JASRACと許諾契約を締結しているかどうかは、各サイトのJASRAC許諾番号、許諾マークの掲載有無をご確認ください。

なお、JASRACと許諾契約を締結していない動画投稿サイトには、JASRAC管理楽曲を含む動画をアップロードすることはできませんのでご注意ください。

一部のホームページ制作会社ではこういった権利処理について理解していない会社もあり
問題があるYOUTUBE動画の埋め込みを行ってしまっている場合もあるかもしれません。

権利処理は非常に重要な問題ですので注意する必要がありますね。

上記のような使用方法の場合もセンターラインレコードの著作権フリー音楽は安心です。

色々とわずらわしい手続き無く安心してお使い頂ける音楽素材をご用意しています。

http://library.centerlinerecord.jp

« 著作権保護期間が70年に延長される? | トップページ | 楽器フェア2014が開催されます »

音楽著作権について」カテゴリの記事